Community

Gifto 3.0 — ギフトユニバーサルプラットフォーム

Gifto | 02.11| 55

Gifto 3.0 — ギフトユニバーサルプラットフォーム

1. はじめに

Giftoが全面的なアップグレードを開始!

今日、Giftoは新たな一歩を踏み出しました。バーチャルギフトのユニバーサルインフラストラクチャが全面的にリニューアル。

Giftoの「バーチャルギフト」を通じて、プラットフォーム上でクリエーターとファンとの相互的なコミュニケーションを実現します。これはGiftoの当初のビジョンからの劇的な進化です。 新しいアップグレードにより、Giftoはバーチャルギフトの作成、送受信、シェアのための世界初のブロックチェーンプラットフォームになります。

新しいHP、ウォレットがまもなくリリース

私たちはまもなく、DPOSベースの分散型高速実行ブロックチェーン、Giftoチェーンのテストネットワークリンクを公開します。Giftoチェーンの関連アプリケーションは、バーチャルグッズ、ミーム、GIF、AR等、世界で最も興味深く価値のあるバーチャルギフトの作成を促します。当初のビジョンによれば、Giftoチェーンはギフトクリエイター、活発的なコミュニティメンバーなどに報酬を与えます。

新しくアップグレードされたGiftoウォレットは、Telegramの中で使用できます。ウォレットの新機能は、バーチャルギフトの作成、あなたのバーチャルギフトの送信/受信です。

Giftoは初めての分散型非金融アプリケーションであり、ユーザーは自由に仮想通貨を選択できます。GiftoはユーザーにGTOの使用を強制しません。これにより、GTOアプリケーションの展開が大幅に進みます。

「Giftoはなぜ新しいブロックチェーンをリリースするのですか」と多くの人が尋ねます。FacebookのLibraやTelegramのTONなど、毎日多くの新しいトークンが業界に出現しますが、Giftoアプリケーションシナリオはどのように成長しますか?

このような質問については、まず過去1年半にわたって蓄積された経験を確認する必要があります。Giftoは、すでに業界をリードする大衆ユーザー向けのプラットフォームになりました。

Giftoが学んだ経験について

はじめに、Giftoのギフト白書によって、コンテンツクリエーターはファンからのサポートプレゼントを得ることができました。百万のファンがいるユーチューバー、インスタグラマー等のクリエイターがUpliveで配信、運用をしてGiftoを広めて、Upliveは1億5,000万人のグローバルユーザーと配信者を持ち、世界中の150以上の国と地域にサービスを提供しています。

Gifto & Uplive

この段階で私たちはニーズが、これまでになく急増している一方で、始めたばかりのユーザーが使用するためのインフラストラクチャがまだ整っていないことに気が付きました。

簡単に言えば、クリエイターとファンがブロックチェーンアプリケーションを簡単に使用できない場合、ブロックチェーンで報酬を獲得しても無価値になってしまします。

さらに、GTOを含む仮想通貨は非常に変動率が高く、基本的な支払い操作に影響を与えてしまいます。これは、Upliveの配信者及び、Giftoを使用するユーザーにも影響が表れています。

さらに、さまざまな地域の司法環境も今後の大きな障害であり、これはUpliveでのプロモーションに影響します。多くの分野で、一般ユーザーは仮想通貨を迅速かつ便利に購入することを許可されていません。

現在、Giftoの展開を達成するために、ブロックチェーンゲームGiftomonのリリース、Giftoウォレットの構築、Uplive上のダイヤでGTOを購入等、当初の環境をはるかに超えています。

また、製品開発に加えて世界最大の取引所BinanceやABA Asiaブロックチェーンアクセラレータ等の多数の有名なプロジェクトと深い戦略的パートナーシップを締結しています。

Gifto & Binance
Gifto & ACE

この過程で、Giftoは多くの経験を蓄積しました。最も重要なことは、私たちと他のプロジェクトとの連携と、一般公開をより強くアピールをして、プロジェクト間の相互運用性と普遍的価値を改善することです。

同時に、プラットフォームの信頼性、正確性、公平性、透明性を確保し、Giftoシステムへの貢献者に報酬を与えたいと考えています。これは、当社と他の大規模なソーシャルバーチャルギフトプラットフォームの最大の違いです。

私たちのビジョンをよりよく理解し、この段階で遭遇した障害を克服するために、Giftoは大胆な決定を下しました。デュアルパスの設計に基づくGiftoチェーンのリリースにより、即時アクセスが可能になり、ブロックチェーンユーザーが暗号化アプリケーションの使いやすさをよりよく体験できるようになります。これは画期的なプラットフォームのアップグレードで、元のユニバーサルギフトが、真のユニバーサルバーチャルギフトプラットフォームになります。ブロックチェーンギフトプラットフォーム自体と、パス及び暗号化アプリケーションとの間の閉じた関係が開かれ、ユーザーはいつでもどこでもシンプルで創造的なバーチャルギフト作成を体験できます。今後、Giftoはシステムアップグレードの進捗状況と詳細を引き続き共有し、コミュニティユーザーの継続的なサポートを得て、ブロックチェーンの普及と浸透を実現します。

2. Giftoの状態

Giftoは、リンクとGiftoウォレットを介して、すべてのソーシャルメディアプラットフォームのすべての人にUpliveなどの集中型プラットフォームの仮想ギフトをもたらすというアイデアから生まれました。

暗号アプリケーションの普及を促進する一方で、暗号の世界を探索するこの旅では、規制上の課題にも直面しました。しかし、私たちの努力は普遍的なギフト協定を超えています。コミュニティのメンバーは、Giftoがホワイトペーパーのビジョンを重視していないことにも不満を持っています。

私たちのプロジェクトは、過去の経験と教訓から真に学び、注目を集めるために、市民のニーズを真に理解するためのさまざまな方法を試す必要があります。

1年前、GiftoウォレットはUpliveで宣伝され、150万人のウォレットユーザーを獲得し、ブロックチェーンとアプリを完全に組み合わせた世界初のウォレットになりましたが、これはGiftoが暗号の普及に向けた最初の一歩に過ぎません。

さらに、世界中のUpliveユーザーがGTOを簡単に使用、取得できるように、uダイヤモンド(トークンではなくUpliveの汎用通貨)を介してGTOを交換できるようになりました。

これらの大規模な交易所は、プラットフォームのアップグレードでGiftoを支援します。

Giftoは、GTOアプリケーションシナリオを拡張するために、さまざまなソーシャルおよびゲームアプリケーションも開発しました。

Giftomonはソーシャル、トークン、マイニング機能を統合したブロックチェーンゲームであり、昨年最も活発なブロックチェーンゲームの1つです。韓国ではとても人気になりました。

Giftoは、ブロックチェーンプロジェクトのライブ配信のためのプラットフォームであるCoinupを開始し、EliteMining、Original Protocol、CryptoMondayなどのブロックチェーン関連プロジェクトがCoinupでライブ配信されています。

バーチャルギフトとブロックチェーンゲームを除き、 2018年12月には、Gifto e-Mallも立ち上げ、21か国のユーザーにギフトクーポンを提供し、ユーザーはGTOを使用してウォレット製品を購入しました。

Giftoエコシステムとウォレットの一連のアップグレードを通じて、ユニバーサルギフトプラットフォームに適用可能な重要な教訓を学びました。

3.レッスン

暗号アプリケーションの一般的な受け入れを促進するには、次の困難を克服する必要があります。

(1)Dapps、およびほとんどのジェネラリストのパブリックチェーンは失敗しました

ほとんどの分散アプリケーションは失敗に終わりましたが、過去1年間、毎日アクティブなユーザーの数は実際には増加していませんが、実際には2018年のレベルのままです。アクティブなユーザーは1日に数千人です。非チェーンアプリケーションには、数十万または数百万のユーザーがいますが、両者はまったく異なります。

ユーザー別のトップ10 dApp(https://dappradar.com 2019)

さらに、分散アプリケーションのほとんどのユーザーはギャンブル業界に関連しており、Dappradaの統計によると、上位10のアプリケーションのうち7つはギャンブルのカテゴリに属します。これはほとんどの国で違法です。ギャンブル業界が暗号業界で最も人気のある分散型アプリケーションになる場合、これには問題があります。

これらの分散アプリケーションが失敗した理由

  • ユーザーに、使用する他のプラグインまたはアプリ拡張機能(Matamaskなど)をインストールするように強制します。
  • 初心者ユーザーは、指定された取引所とアプリケーションを使用する必要があります。
  • 従来のクラウドスペースと比較して、アプリケーションの一部のみがオンチェーンアプリケーションであっても、Dappのパフォーマンスは低く、速度は遅くなります。
  • Dappsには優れたビジネスモデルがないため、開発者は通常、幅と深さのない軽量アプリケーションのみを開発します。

誰もDappを使用していない場合、ブロックチェーンはまだ特定の側面でのみ発展するニッチ市場であり、現実世界から切り離されています。

基本的な仮定がありました。既存のサービスよりも優れたエクスペリエンスを提供するために、どのような情報をブロックチェーンに配置する必要があるのでしょうか? Vitalik Buterinはまた、すべてがチェーンで実行されるべきではないと述べました。

暗号化されたアクセスの構造的な制限とブロックチェーンゲームの開発を制限するイーサリアムNFTのパフォーマンスの低下により、ユーザー数は10,000を超えることができませんでした。

Dapp(分散アプリケーション)があるのはなぜですか?多くのDappアプリケーションはエンドユーザーのニーズを満たすために作成されたものではなく、コミュニティユーザーにバックエンド開発の力を示すように設計されたパブリックチェーンやプロジェクトのニーズを満たすためです。少数のパブリックチェーンはユーザーの実際のニーズをうまく満たすことができますが、ほとんどのパブリックチェーンはまだ実装されていません。

(2)ブロックチェーンは特定のケースを解決する最良の方法です

しかし、いくつかのチェーンは特定の目的に役立ち、うまく機能しています。

Binance ChainとDEXはその一例です。グローバルな流動性とKYCの必要性を最小限に抑えながら、シンプルで安全で低コストの代替トークンを発行できます。

Libraはもう1つです。準分散型の規制アプローチによる信頼できるグローバルな支払いです。最大の問題は規制ですが、協力はすでに進行中です。多くの大企業はすでに撤退しており、完全にオープンなエコシステムを望んでいません。

どちらも、オンチェーンとオフチェーン、およびチェーンの処理効率を最大化する方法について正確な計算を行いました。

(3)クローズド開発は、ブロックチェーンアプリケーションの普及を妨げます

トップランクのトークンを見ると、ユーザーはアプリケーションにアクセスするためにトークンを購入または保持するように強制されます。これは通常、ユーザーのニーズを満たすために行われます。 Giftoも同じアプローチを取りました。暗号通貨への欲望は、業界の多くのプロジェクトを当初のビジョンから遠ざけ、デジタル資産を作成してユーザーコストを削減し、「壁に囲まれた庭」に入るための制御を強化しました。

「ゲートキーパー」を排除する代わりに、多くのプロジェクトが高い壁を築き、人々に「庭」がどれだけ大きくなるかを推測させようとしています。

最終的に、私たちはアプリケーションが暗号業界とは無関係であるべき世界に向かっています。ただし、シンプルなウォレット開発キットを使用して、暗号化アプリの支払いオプションをユーザーに提供します。

欠点の1つは、トークンプロジェクトが成功しても、ユーザーが他のプロジェクトにアクセスすることを制限しませんが、その忠誠心に報いることです。 Crypto.comとBinanceの2つの良い例があります。

BinanceのユーザーはBinanceの取引サービスを使用でき、他のトランザクションを使用してトークンを決済できます。 Binanceは、プラットフォーム上のアクティブユーザーに追加の報酬のみを提供します。これは、トランザクションコストを削減し、ユーザーの忠誠度(使用頻度と推奨ユーザー数)に報いるためです。

これまで、Giftoは、ほとんどのプロジェクトと同様に、強制的なユーザーアプローチを採用しており、ユーザーはGTOを使用してUpliveのバーチャルギフトを購入する必要がありました。将来的には、ユーザーに対してよりオープンになり、担保またはヘッジ、ソーシャルマイニング、報酬のためにGTOをより有効に活用します。

(4)エンターテインメントアプリケーションは暗号化アプリケーションの普及を促進できますが、ブロックチェーンアプリケーションは強制的ではなく直感的でなければなりません。

ソーシャルおよびエンターテインメントアプリケーションは、暗号の一般大衆の認識を促進するための加速器かもしれませんが、ソーシャルおよびエンターテインメントの開発を目的として、ブロックチェーンアプリケーションを構築することを意図していません。過去の履歴データから、エンターテインメントアプリケーションは暗号に関する一般の認識を高めました。

これまで、このレベルに到達したのは少数の従来のゲームのみです。 Ebayでの製品の販売状況を確認してください。それらはWoW、CS、および同様の製品です。ゲーム開発者がBlizzardまたはNintendoでない限り、開発者はゲーム資産の価値に到達するために少なくとも5年を費やす準備をする必要があります。ブロックチェーン以外の世界であっても、成功するゲームを開発することは非常に困難です。

コンセプトは変更する必要があります。ゲームはブロックチェーンゲームであるため、人々はプレイしません。ブロックチェーンゲームのチームは、ゲームの開発に集中する必要があります。多くの時間を費やし、わずかな成功のチャンスを受け入れることが真実です。

他の新しいテクノロジープラットフォームと同様に、ソーシャルアプリケーションは最初の段階で暗号の普及を促進し、仮想ギフトとトークンは最も直感的な表現です。誰もが知っているように、バーチャルギフトはソーシャルアプリケーションで価値を交換する方法であり、デロイトのグローバルなライブ配信市場の詳細な分析で徹底的に研究されています。 (デロイトのレポートはこちらをご覧ください)。

UpliveにGTOを統合することで、仮想ギフトをブロックチェーンスペースに最初に持ち込み、パブリックチェーンと新しいウォレットをすぐに通過させるユニバーサルギフトの開発により、開発の機会。

Global Giftsが私たち自身のパブリックチェーンと新しいウォレットを通じて拡大するにつれて、私たちにはさらに大きなチャンスがあります。

(5)暗号化されたアクセスのコンプライアンスと法的制限は重大な障害のままですが、これは急速に変化しています。

今日の2019年、大勢のユーザーが暗号通貨を入手することは依然として困難です。フィアット通貨の入場はまれであり、ほとんどの地域では許可されていませんFacebookのLibraなどのテクノロジーの巨人でさえ、巨大な法的規制上の障害に直面しています。

GTOのUダイヤモンド交換のチャネルを開きます。これにより、技術パートナーの現地の法的要件と規則を順守しながら、暗号化への一般のアクセスを増やすことができます。この規制環境は、暗号空間のあらゆる企業の貴重な運営リソースを制約するだけでなく、むさぼり食います。

規制分野をナビゲートすることは困難ですが、Giftoは世界24か国でGTO用のUダイヤモンドをオープンしました。ただし、Giftoが単独で成功するには長い時間がかかります。ユニバーサルギフトプラットフォームが任意の暗号トークンホルダーを受け入れることができる場合、ユニバーサルバーチャルギフトビジョンが現実のものとなります。

(6)ブロックチェーンの利点:公正でオープンな報酬の分配

ヘッジからスーパーノード、ソーシャルマイニングから報酬まで。ほとんどすべてのパブリックチェーンは、ユーザーの参加を促すためにさまざまな報酬モデルを試しています。技術的な理由から、最初の報酬はコインを交換するマイニング、つまり現在はソーシャルマイニングメカニズムになっている処理ブロックでした。ソーシャルネットワークの開発に貢献したユーザーには報酬が与えられます。ネットワークの成長と発展を促進するソーシャルマイニングは、ブロックチェーンの重要な革新の1つであり、バーチャルギフトに関するGiftoのビジョンに適合します。

4.新しいGiftoエコシステム

2018年以降、Giftoはすべての面で進歩を遂げており、知名度、訪問率、使用率が向上しています。 今後、これらを組み合わせて、ユニバーサルギフトビジョンの実現を加速させます。 基盤となるアーキテクチャおよびアップグレードと組み合わせて、Giftoはプロトコルからプラットフォームに移行する準備ができています。 発表できることを誇りに思います。

Gifto 3.0:世界初のユニバーサルブロックチェーンギフトプラットフォーム

Gifto 3.0プラットフォームは、ホワイトペーパーの「ユニバーサルギフト」ビジョンを実現し、関連アプリケーションを拡張します。 ユニバーサルギフトプラットフォームは、コンテンツクリエーターが報酬を獲得できると同時に、ソーシャルメディア上のユーザーとより強力な関係を構築できるようにするオープンプラットフォームです。 このインスピレーションは、海外のライブストリーミングプラットフォームUpliveから生まれました。Upliveは、バーチャルギフトを通じてコンテンツクリエイターに数百万ドルの収益をもたらしました。

元のホワイトペーパーの図

Giftoのビジョンは、単一の集中型ソーシャルメディアプラットフォーム(UpliveやYouTubeなど)からコンテンツを解放し、コンテンツクリエーターとファン間の価値交換を真に実現することです。

Gifto WalletとUpliveの協力とユニバーサルギフトプラットフォームの組み合わせにより、このビジョンに向けて決定的な一歩を踏み出しました。 ただし、イーサリアムインフラストラクチャの構造上の制限により、Universal Giftsはハイブリッドチェーン上で実行されており、完全に分散化されておらず、オープンではありません。 さらに、ユニバーサルギフトはコンテンツ作成者とそのファンに焦点を当てています。

構造的なアップグレードにより、Giftoは以下の機能を備え、真のユニバーサルギフトプラットフォーム(UGP)に発展します。

  • ユニバーサルトークンのサポート
  • ユニバーサルプラットフォームサポート
  • カスタマイズ化
  • 分散化

全てのトークンのサポート

BTC、BNB、ETH、stablecoinsなどを含むすべてのトークンを使用して、ユーザーによるGTOの使用を制限せずにバーチャルギフトを作成および送信できます。 ユーザーは、トークンを流通させて購入し、ギフトを送ることができます。

ユニバーサルプラットフォームサポート

ソーシャルメディアプラットフォームのユーザーは、バーチャルギフトを作成し、友人のソーシャルメディアIDアカウントを介してギフトを共有できます。 Gifto Walletは、Facebook、Instagram、Telegramなどの大規模なソーシャルメディアプラットフォームと互換性があります。

カスタマイズ化

世界初のオープンバーチャルギフトプラットフォーム。これを使用して、ホリデーカード、ステッカー、GIF、ARグッズ、ロイヤリティ報酬などを作成できます。 バーチャルギフトを作成して、芸術的才能を養うことができます。これらのトークンには、コレクション、価格、限定版などの属性があります。 BTC、ETH、Libra、その他の貴重なトークンとともに送信されます。

分散化

新しいGifto 3.0プラットフォームとパブリックチェーンは、すべてのトークンとバーチャルギフトの作成と送信に専念しています。 Giftoチェーンは、Delegated Proof of Stake(DPOS)コンセンサスアルゴリズムを使用した、高速で安全かつ透過的なトランザクション処理です。すべての取引のオープンで透明な記録と仮想ギフト記録の仮想作成。プラットフォームを操作および保守するユーザーに公平な報酬を与えます。

5. ユニバーサルギフトプラットフォーム

3.0ユニバーサルギフトプラットフォーム-Giftoウォレットとパブリックチェーンで構成され、GTOをプラットフォーム通貨とします。

Giftoウォレットを使用すると、ユーザーはソーシャルメディアを介してすべての主要なトークン(BTC、BNB、ETH、ステーブルコイン、GTOなど)を配布できます。 ウォレット/ロボットを介してバーチャルギフトをデザイン/作成すると、これらの興味深いバーチャルギフトがGiftoパブリックチェーンに公開表示されます。 トークンには、ユーザーのソーシャルメディアアカウントIDが表示されます。これは、使用シナリオを決定するために第三者によって開発されます。

Giftoブロックチェーンは、すべてのトークントランザクションを処理し、エコシステム参加者の報酬をリアルタイムで追跡します。 委任されたステークの証明を使用して、システムが迅速、安全、透過的に動作することを保証します。

Giftoトークン(GTO)およびGiftoのステーブルコインは、デュアルトークン流動性構造を使用して、エコシステムの開発を促進および刺激します。 GTOの担保により、ユーザーはギフトやノードの送信など、エコシステムの特権を解除できます。

Gifto Wallet 2.0

Giftoウォレットは、エコシステム全体の中心にあります。 過去1年半にわたって、財布は最もアクセスしやすく使いやすいアプリケーションの1つに進化しました。 ウォレットの機能は次のとおりです。

  • クロスプラットフォーム
  • 暗号化されたギフトを送信および作成するために設計
  • Giftoパブリックチェーン、オープンで透明性のあるトランザクションの組み合わせ

機能:クロスプラットフォーム

Giftoウォレットは、Uplive、Telegram(クロスプラットフォームインスタントメッセージングソフトウェア、主にブロックチェーン業界での通信に使用)、Giftomonゲームプラットフォームなどのプラットフォームで使用できます。 チームは、Telegramでアプリケーションを開発するためのウォレットの応用に取り組んでいます。 AndroidおよびIOSユーザーをサポートします。 ブロックチェーンの経験がない初心者ユーザーでも、簡単かつ便利にウォレットを使用できます。

機能:ブロックチェーンギフト

ウォレットでサポートされている通貨に加えて、ウォレットはGiftoパブリックチェーンのギフトもサポートします。ユーザーは、バーチャルギフトをデザインして作成し、コミュニティのユーザーや友人と共有できます。Giftoバーチャルギフトは、数十億人のユーザーに影響を与えます。 また、バーチャルギフトを法定通貨で購入できるようになります。

機能:完全にオープンで透明性がある

Ethereumベースのハイブリッドチェーンとは異なり、Giftoパブリックチェーンはウォレット上のすべてのトランザクションレコードを表示/追跡し、Gifto安定コインはトランザクション、報酬、支払い方法などとして使用されます。

Giftoチェーン

パブリックチェーンは、ユニバーサルギフトプラットフォームの最も重要な部分です。 トークンに関係なく、ウォレットでのギフトの送受信を処理/追跡し、デュアルトークン構造によりエコシステム参加者の報酬を追跡できます。

Giftoチェーンの機能:

  • 委任証明(DPOS)
  • ブロックチェーンギフトの設計と作成
  • デュアルトークン設計
  • ソーシャルメディアアカウントでのログイン

機能:委任証明(DPOS)

委任されたエクイティコンセンサスアルゴリズムは、分散型アプリケーションのバランスを取っています。ブロックは5秒ごとに2 MBのサイズで生成され、最大5,000件のトランザクションを保存でき、1日あたり約8,400万件のトランザクションを効率的に処理できます。

この設計により、毎日数百万の仮想ギフトの作成と取引が可能になります。実際、「数百万のTPS」で競合するパブリックチェーンのアクティブユーザーの数は、数百万人未満です。現在のGiftoでは、実用性よりも効率が重要です。

Giftoチェーンは、BTO、BNB、ETH、stablecoinsなどの非GTOバーチャルギフトだけでなく、GTOおよびバーチャルギフトも処理します。

Giftoチェーンは、Giftoとその戦略的パートナーおよびコミュニティによって制御されるスーパーノードを通じて検証されます。ブロックチェーンプロデューサーは、関連するブロック報酬と取引手数料を獲得します。

105秒(21ブロックxブロックあたり5秒)ごとに、21のスーパーノードのグループが21ブロックを処理します。各ブロックを受け入れるには、少なくとも16個を確認して受け入れる必要があります。

21のスーパーノードの各グループは、8つの中央管理スーパーノードと13のランダムスーパーノードを処理します。 13個のスーパーノードのランダム選択は、105秒ごと、つまり21ブロック(ブロックごとに5秒)ごとに発生します。

ハードフォークが発生した場合、新しいブロックチェーンを作成するには少なくとも15の高度なノードが必要です。今後は、Giftoの使用シナリオの拡大に伴い、より戦略的なパートナーと協力してスーパーノードを管理し、Giftoで前進します。

Giftoパブリックチェーンとウォレットの開発は、Giftoプロジェクトと戦略的パートナーによって管理されており、エコシステムが成長するにつれて、より安定した分散アプリケーションを検討していきます。

コミュニティのユーザーは提案やフィードバックを提供することをお勧めします。Giftoパブリックチェーンのパラメーターとデザインは引き続き開発されます。

機能:誰でもバーチャルギフトトークンを作成できます

Giftoのパブリックチェーンにはトークン発行機能があり、ユーザーはスマートコントラクトやプログラミングを確立せずにInstagramを更新するのと同じように、仮想ギフトを共通トークンとして発行できます。 バーチャルギフトの作成権限では、ユーザーは法定通貨、またはトークン、または担保のGTOを支払う必要があります。 バーチャルギフトはパブリックチェーンに表示されます。 これらはイーサリアム分野の「非均質トークン」(NFT)と同等ですが、高速で便利なギフトチェーンの利点があります。

機能:デュアルトークンデザイン

これまでのところ、GTOはUplive / Giftoウォレット、電子商品、ゲームサービスでギフトを購入するために使用できます。 ただし、トークンの性質により、トークンの値は自然に変動し、時には大きく変動します。 私たちは、トークンがユーザーの購入行動をどのように妨げるかを直接目撃しました。 多くのプロジェクトでもこのユーティリティを独自のトークンに適用しているため、これは暗号化アプリケーションの普及に対するもう1つの障害です。

Giftoには独自のパブリックチェーンとトークンGTOが用意されているため、その使用シナリオは大幅に拡大され、将来、ソーシャルマイニング、担保、ノード関連の特権、チェーンガバナンスに重点が置かれます。 これは、値の変動が大きいトークンにより適しています。 支払いとリアルタイムの追跡に使用されるGifto stablecoinを導入しました。 Gifto stablecoinsはGiftoのオンチェーン資産になりますが、現在、Gifto stablecoinsは取引所に上場する予定はありません。 代わりに、ユーザーはGiftoウォレットを使用して他のトークンやステーブルコインに変換したり、プラットフォームで取引したりできます。

Gifto Chainは、生態系を持続的に成長させ、Gifto(GTO)変数値トークンの説得力のあるユースケースを作成するために、ソーシャルマイニングとステーキングに対して以下のような報酬を提供します。

機能:ユーザー報酬

Giftoのパブリックチェーンは、エコシステムを持続的に開発し、Gifto(GTO)のアプリケーションシナリオを拡大するために、ソーシャルマイニングおよび担保のGTOに以下の報酬を提供します。

ソーシャルマイニングの報酬:

  • Giftoプラットフォームを使用するように友人を共有、贈与、または招待してお金を稼ぎます。 BTC、BNB、ETH、競合コイン、安定コインなど、GTO以外のトークンも使用できることに注意してください。
  • チェーンでギフトを作成して報酬を獲得してください。

担保Gifto(GTO)の報酬:

  • ソーシャルマイニングの報酬レベルを上げるために使用されます。
  • スーパーノードになるために使用されます(ブロック処理、費用の獲得)。

実際の使用状況とコミュニティのフィードバックに基づいて、報酬レベルを調整します。

機能:ソーシャルの属性があるが、非常にプライベート

ユーザーはソーシャルメディアアカウントを使用して、ワンクリックでGifto 2.0ウォレットにログインし、Telegramを開き、ホームページでGiftoロボットを検索すると同時に、プライベートでギフト/トークントランザクションを実行できます。 Giftoウォレットと組み合わせて使用​​すると、ユーザーはすぐにウォレットを取得し、ギフトを作成し、トークンを保存し、ソーシャルメディアに送信できます。また、トークンの作成とギフトトランザクションのセキュリティを確保するためにユーザーのプライバシーを確​​保します。

初期段階では、Upliveなどのソーシャルアプリケーションの設計に従いますが、このようなやり取りはオープンです。Giftoは、コミュニティユーザーからのフィードバックに引き続き細心の注意を払い、それに応じて調整を行います。

Giftoウォレットでは、ログインに複雑なパスワード、ニーモニック、指紋は必要ありません。過去1年間に100万人のGiftoウォレットユーザーを獲得した後、少量のトランザクションを維持する限り、安全で人気のあるアプリケーションウォレットを提供できることに気付きました。私たちのウォレットは、トークン保管庫の目的ではなく、仮想ギフトを購入、作成、送信するための単純なコインウォレット、またはAppleの通常の現金リチャージカードとして使用されます。

Giftoチェーンは、サードパーティ開発用のシンプルなAPIインターフェイスを提供でき、ソーシャルメディアを介してログインしたユーザーは、サードパーティアプリケーションを介してGifttoチェーンギフトトークンを使用できます。これは、開発者がアプリケーションにログインを設定する方法に似ており、パブリックチェーンを開発する必要なく、アプリケーション開発者とその戦略的パートナーにGiftoエコシステムを開放します。

ブロックチェーンギフト

Giftoウォレットは、BTC、BNB、stablecoinsなどのギフトの送信をサポートし、ユニバーサルギフトビジョンの中心はギフトのデザインと作成です。 Giftoのアプリケーションとパブリックチェーンを使用すると、ミーム、eカード、メンバーシップバッジ、コミュニティ賞、アートワーク、さらには仮想属性を持つ商品など、プログラミングなしでギフトを作成できます。

ビデオ:GIFTO分散型ユニバーサルギフトプロトコル:

https://www.youtube.com/watch?v=ZzHy0r9NPcU&t=20s

Giftoのバーチャルギフトは、Giftoのパブリックチェーンとウォレットの4つのコア機能を紹介します。

  • カスタマイズ
  • 高い効率性
  • 透明で追跡可能
  • 使いやすい

機能:カスタマイズ化

ユーザーは、ミーム、eカード、ロイヤリティバッジ、コミュニティの賞品、トークン化されたアート、または特別エディションのブランドの仮想商品など、ニーズに合ったギフトを作成することで、ブロックチェーンの創造性を発揮できます。Gifto Chainは、2D、3D、アニメーション、AR、インタラクティブなどのギフトをサポートしています。Giftoウォレットのユーザーは、写真などの資産をアップロードし、名前、供給、販売価格、使用価格などのトークンプロパティを設定するだけです。

機能:高い効率性

バーチャルギフトはGiftoチェーンのトークンとして使用され、スマートコントラクトではなくテスト済みの配布テンプレートを使用して作成されるため、作成するたびに確認および検証する必要はありません。 Giftoプロジェクトと戦略的パートナーは、電子カードやARトークンなどの新しいトークン機能属性を定義でき、フルチェーンアップグレードなしで実装できます。すべての情報はチェーン外に保存され、ハッシュされます オンチェーンを確認します。

さらに、gas費などの変動する取引コストに依存しません。 デュアルトークン構造では、適切なエクスペリエンス料金を請求することもできます。

機能:透明で追跡可能

Giftoチェーンは、すべての仮想ギフトの作成と取引を記録し、大量の最も人気のあるギフトと報酬を追跡し、Giftoパブリックチェーンをより意味のあるものにします。

機能:使いやすい

バーチャルギフトの作成は、ファイルをアップロードするのと同じくらい簡単で、キーを入力したり、gas費を計算したりする必要はありません。 TelegramのGiftoウォレットを介してギフト作成インターフェイスにアクセスできます。

6.新しいGTOトークンの経済性

デュアルトークン設計

GTOの使用シナリオは、送信、作成制限、作成コストとスーパーノード特権の削減、一定額の取引手数料の獲得など、支払い、作成、担保、および報酬に拡張されます。

このモデルは、Binance Public Chainなどによって検証されています。 したがって、GTOはエコシステムの中心にあります。

Stablecoinsは購入や取引に適しています。他のプロジェクトのデュアルトークンエコシステムもこれを確認します。 支払いと報酬の手段として、安定したコインを使用して、Giftoアプリケーションを介して他の主流のコインを引き出したり、引き換えたりすることもできます。

手数料と流動性

すべてのギフト取引について、Giftoはソーシャルマイナー(ギフトおよびギフトクリエーター)およびスーパーノードに報酬を与えます。 そのような料金は、同額の安定したコインに変換され、マイニングした人に授与されます。 ステーブルコインはどの取引所にも上場しませんが、Giftoウォレットのマルチチェーンサポートとパートナーエクスチェンジの流動性により、ユーザーはGiftoアプリケーションで他のトークンに変換したり、支払いに直接使用したりできます。

収集された料金の一部は、供給管理のために市場からGTOを直接買い戻すために使用されますが、正確な数はコミュニティのフィードバックによって決定されます。

このようなエコシステムの設計パラメーターは、実際の使用状況やユーザーやコミュニティからのフィードバックに基づいて変更される場合があります。 私たちはコミュニティと協力したいです。にしています。

7.使用例

Giftoは、仮想ギフトをブロックチェーンの世界に持ち込むよう取り組んできました。 3つのユーザーグループについて、ユニバーサルギフトプラットフォームに焦点を当てます。

  • ブロックチェーンコミュニティ
  • KOLとそのファン
  • 家族と友達

ブロックチェーンコミュニティ

Airdropは、ブロックチェーン業界の主流の活動です。 ほとんどのブロックチェーンプロジェクトは、プロジェクトのマーケティング、プロモーション、宣伝など、プロジェクトの開発に貢献したメンバーに報酬を与える手段としてトークンを使用します。 トークンの付与を簡素化する多くのソリューションがありますが、それらはすべてスムーズな航行ではありません。 通常、新しいメンバーは最初にKYC認証を実行し、プロジェクト開発のためにウォレットを開く必要があります。 多くのアクティビティは同じ形式です。 最も重要なのは、彼らの報酬が自分のトークンの使用に限定されていることです。

最初のビデオライブソーシャルプラットフォームを外でインキュベートすることで、仮想ギフトの強力な影響を目の当たりにしました。 Upliveを特別なものにしているのは、その強い個人的なスタイルです。 Giftoのユニバーサルギフトプラットフォームを使用すると、業界内の他のブロックチェーンプロジェクトは、コミュニティギフトを送信することで魅力を高めることができます。 アクティブなメンバーは仮想トロフィーを獲得できます。これらの仮想報酬はユーザーを引き付け、それによってコミュニティメンバーの参加、構築、開発を促進します。

このプロジェクトは、Giftoプラットフォームを介して仮想ギフトを作成して共有し、コミュニティと共有します。 Web、アプリ、インスタントメッセージングは、ソーシャルメディア向けに開発されます。

KOLとファン

コンテンツ作成者とそのファンは、Giftoのユニバーサルギフトプラットフォームのインスピレーションです。 Upliveライブストリーミングプラットフォームなどのエコシステムは他の分野で開発されており、Giftoチェーンにより、コンテンツクリエーターは独自のバーチャルギフト、デジタルアートワークを簡単に作成し、コミュニティと共有できます。

ファンは、仮想楽器やお気に入りのファッションアクセサリーなど、お気に入りのコンテンツクリエーターのソーシャルメディアアカウントによって署名されたデジタルコレクションを取得できます。

特に、通貨圏内、または非通貨圏のユーザーは、ギフトを作成および使用してGiftoチェーンでギフトを購入できます。これにより、通貨サークルと非通貨サークルのユーザーの間に橋が架けられます。

家族と友達

贈り物は家族や友人から始まります Giftoのユニバーサルギフトプラットフォームでは、個人的なバーチャルギフトを作成して、個人の写真やビデオにタグを付けたり、特別な行事を記念するeカードを作成するなど、親密なバーチャルギフトを見せることができます。 それらはブロックチェーン上にあるため、友情の彫刻のように不変で時代を超越しています。Giftoの作成によって、ユーザーは、ホリデーカードやオケージョンカードを数秒でトークン化し、BTCやETHと一緒にプレゼントして、愛する人を喜ばせることができます。

ユーザーがどのギフトを作成するのか楽しみです!

8.将来の発展

今後、ユニバーサルギフトプラットフォームは、世界最大、最も意味のある、時代を超越したバーチャルギフトコレクションになります。 トークンとプラットフォームに依存しないインフラストラクチャに基づいて、トークンウォレットとトークンチェーンを介して構築し、将来、任意の資産を任意のトークンと交換できます。

次の段階では、仮想ギフトプラットフォームの開発をさらに促進するだけで十分です。

現実世界のバーチャルギフト

(AR)の人気が高まるにつれて、Giftoパブリックチェーンは、ARギフトを作成するためのソフトウェア開発キットをリリースし、ユーザーはギフトを使って写真を撮ったり、ポーズをとったり、ビデオを撮影したりできます。

バーチャルギフトはクリエイターに忠実であり続ける

現在、アーティストがアートワークを作成する場合、アーティストは一度だけ販売または共有できます。 彼らのアートワークは市場に価値を加えるため、クリエイターはもはや彼らの中にいません。 Giftoチェーンの作成により、作成者の資料をギフトに含めることができるだけでなく、作成者は今後の各トランザクションで報酬を受け取り、各トランザクションのプロセスで作成者に報酬が与えられるようにします。

バーチャルギフトはマルチメディアになります

Gifto Chainトークン定義は、オンチェーンハッシュの実装により、コアチェーンテクノロジーを変更することなくアップグレードできます。したがって、トークンにはビデオ、歌などを含めることができ、使用料オプションに従って、トークン作成者はGifto Chainを通じてメディアの使用を効果的に「ライセンス」することができます。

Comment 0

delete

Are you sure you want to delete this post?